Home > PHP開発環境の準備

PHP開発環境の準備

  • 2012-06-22 (金) 23:12

今回の開発環境はこのように考えています。

【開発環境】
・OS:Windows7
・ブラウザ:Google Chrome、IE8
・統合開発環境:Eclipse 3.7(Pleiades All in One)PHP版
・実行環境:XAMPP

【用語説明】
・Eclipse(エクリプス)
・IBMによって開発された統合開発環境( IDE)の一つ。
高機能ながらオープンソースであり、Javaをはじめとするいくつかの言語に対応する。
Eclipse自体はJavaで記述されている。

・XAMPP(ザンプ)
・WEBアプリケーションの実行に必要なフリーソフトウェアをパッケージとしてまとめたもの

それでは、今回からPHPを使用してWEBサービスを構築していきます。
エディタで記載してもよいのですが、
PHPの開発にはEclipseという便利な開発環境が
予め用意されています。

さくっと導入しましょう。

下記のWEBサイトにアクセスして
統合開発環境EclipseをPleiades All in Oneのダウンロードを行います。
http://mergedoc.sourceforge.jp/

「Eclipse 3.7 Indigo Pleiades All in One」を選択して下さい。

「PHP」の「Full All in One (JRE あり)」を選択して下さい。

ダウンロードした圧縮ファイルを解答します。

今回はCドライブ直下に解答して下さい。

—–
EXTENDED BODY:
xamppのセットアップを行います。

xamppによりApacheを動作させローカル環境でのWEBサービス機能が実行できます。

「C:pleiades-e3.7-php-jre_20120225xamppsetup_xampp.bat」を実行する。

実行画面

「C:pleiades-e3.7-php-jre_20120225xamppxampp-control.exe」を実行する。

実行後、Apacheの「Start」ボタンを選択して下さい。

ステータスが「Running」になることを確認して下さい。
このときPort 80を塞ぐようなソフトの起動は停止しておくこと。(Skype等)

Eclipseを起動し、開発を行います。

「C:pleiades-e3.7-php-jre_20120225eclipse.exe」を実行して下さい。。

実行後、ワークスペースの選択が表示されるがそのまま「OK」を選択して下さい。

Eclipseが起動しました。

メニューバーの「新規」→「PHPプロジェクト」を選択して下さい。

「プロジェクト名」に任意の値を入力し、「完了」を選択して下さい。

完了後、作成されたプロジェクトを右クリックし、
コンテクストメニューから「新規」→「PHPファイル」を選択して下さい。

「ファイル名」に任意の値を入力し、「完了」を選択して下さい。

作成されたPHPファイルをダブルクリックし、エディタを開きます。

開いたエディタにコードを記入します。
下記のコードを入力し、CTL + Sで保存して下さい。

その後、「実行」ボタンを押下し、動作の確認を行います。

画面下部に内部Webブラウザが起動し、記述したコードの実行結果が表示されます。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://oraclemaster.boo.jp/php/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
PHP開発環境の準備 from オラクルマスター11g ブロンズ&シルバー ~取得のためにすべきこと~

Home > PHP開発環境の準備

検索
フィード
メタ情報

Return to page top