dual表の使い方


/* dual表のunion結合による仮想表 */
select *
from
(
select ‘001’ as id , ‘yamada’ as name from dual
union
select ‘002’ as id , ‘tanaka’ as name from dual
union
select ‘003’ as id , ‘suzuki’ as name from dual
)
where
id in( ‘001’, ‘003’)
;


結果
———————————————
id name
———————————————
001 yamada
003 suzuki
———————————————

スキーマにテスト用のテーブルを作成したくない場合に
活用してました。
一辞表を作成したほうが、簡単ですけどね。。。

 

/* 現在時刻の取得 */
select sysdate from dual

結果
———————————————
sysdate
———————————————
2012/05/16 ←現在時刻が表示される
———————————————

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です