Home > レンタルサーバへの設置&レンタルサーバへのPEARインストール

レンタルサーバへの設置&レンタルサーバへのPEARインストール

  • 2012-06-22 (金) 23:15

サーバへ作成したモジュールを設置します。

ファイル転送はFTPにて行います。
FTP通信ソフトを用意してください。

参考:ハッスルサーバーのFTP設定

今回はwww公開フォルダの直下にws/sample_01というフォルダを作成し、モジュールを格納しました。

実際の公開パスです。

http://oraclemaster.boo.jp/ws/sample_01/src/search.php

まだですよ。笑

先走ってアクセスしてしまった人は、下記のエラーが出力されたはずです。

「Service/Amazon.phpがありません。」

まだPEARを入れていません。
インストールを行いましょう。

WEBへのインストールは
ローカルインストールとは勝手が違うようなので
Google先生に問い合わせました。

すると、サーバにgo-pear.phpというモジュールを設置し、
同モジュールからWEB経由でPEARの
インストールできるとのことでした。

以下にその手順を示します。

【go-pear.phpの入手】
・http://pear.php.net/go-pearに表示される内容をgo-pear.phpとして保存します。

【レンタルサーバへのgo-pear.phpの設置】

・www直下に適当なpearフォルダを作成し、
 直下にgo-pear.phpをアップロードします。
 例:…/www/pear/go-pea.phpr
 pearディレクトリは755推奨です。
 でもアプリケーションが何をするかわからないので、
 777に変更しておいて下さい。

【go-pearの実行】
・完了後設置したアドレスにアクセスする
 (http://ユーザドメイン/pear/go-pear.php)
 Nextをクリックします。

・1にインストールしたい場所と
 11にphpのコマンド先を入力して
 Installボタンを押下してインスールを開始します。

<パス>
 1:/www/pear/
11:/usr/local/bin/php

【PEAR Installation pathを取得】
・インストールが完了したら
 PEAR Installation pathを記録しておきます。

【php.iniの編集】
php.iniでPEARへのパスを指定します。

; PEARインクルードパス
include_path = “.:/www/pear/PEAR” ←PEAR Installation pathを指定

よーし、インストール完了だ!
とならないはずです。

とにかく、

エラー。エラー。エラー。
エラー。エラー。
エラー。

すんなりできると思っていたのですが、
全くInstallできません。気配すらない。

プログレスバーが20%で停止し、
PEAR CLASSが見つからないよ。
エラーで怒られます。

ここここを見ても駄目。

進捗が20%から21%になった程度です。

とにかく、エラー。
解決策が見つかりません。

と思ったそのとき

go-pear.phpが致命的にバグってる説が浮上しました。

どっかの記事でみたのですが、URL忘れてしまいました。。。
理由としては結局データを取りに行った先がNOT FOUNDのせい。だったと思います。

で、どうしようと思ったときに、
結局go-pear.phpの役割ってダウンロードと解凍、
モジュールの配置だけなので手動やろうと決心しました。

【PEARの手動インストール】
・かなりめんどくさいのですが、
 PEARを手動でインストールすることにします。
 これがまたむかつくことにServices_Amazonの依存会計がある
 ライブラリが多いこと多いこと。
 がんばってダウンロードと解凍、配置をしましょう。

【SERVICES_AMAZONの実行に必要なモジュール】
 ・Cache
 ・HTTP_Request
 ・Net_Socket
 ・Net_URL
 ・PEAR
 ・Services_Amazon
 ・XML_Parser
 ・XML_Serializer

【フォルダ構成】
下記のようなフォルダを構成して下さい。
※ファイルは割愛しています。

C:PEAR
├―Cache
│ └―Container
├―HTTP
│ └―Request
├―Net
├―OS
├―PEAR
├―scripts
├―Services
└―XML
  └―Parser

準備ができたら、PEARフォルダをFTPで転送します。
今回はwww公開フォルダの直下に先ほど作成したPEARフォルダを転送しました。

【PEAR使用の準備】
ハッスルサーバーではphp.iniが使用できるため、
php.iniを使用してPEARへのパスを指定します。

php.iniというファイルを作成し
下記の内容を記載後保存して下さい。

;★は任意
include_path = “.:/home/★★★/public/www/PEAR”

ハッスルサーバーでは、www直下にphp.iniを
設置すると読み取ってくれますので、
www直下にファイルを転送します。

下記のモジュールをサーバに転送後、確認をしてみてください。
include_pathが指定した値に変更されていれば、成功です。

phpinfo.php


コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://oraclemaster.boo.jp/pear/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
レンタルサーバへの設置&レンタルサーバへのPEARインストール from オラクルマスター11g ブロンズ&シルバー ~取得のためにすべきこと~

Home > レンタルサーバへの設置&レンタルサーバへのPEARインストール

検索
フィード
メタ情報

Return to page top