Oracle XEの表領域の変更


凡例
・[]
 →任意
・{ a | b }
 →aかbどちらかを選択
・$XXX
 →任意設定項目

-- <表領域の変更:凡例>
ALTER TABLESPACE $tablespace
	statement
;

-- <表領域の変更:実行例①>
-- データファイルの追加
alter tablespace $tablespace
	add datafile $file_path size $file_size;	-- データファイルパスとファイルサイズを指定

-- <表領域の変更:実行例②>
-- UNDOデータの保持変更:再帰的に使用
ALTER TABLESPACE $undo_tablespace
  RETENTION NOGUARANTEE;

-- <表領域の変更:実行例③>
-- UNDOデータの保持変更:期限切れまでデータ保持
ALTER TABLESPACE $undo_tablespace
  RETENTION GUARANTEE;

-- <表領域の変更:実行例④>
-- 表領域のロギング属性をNOLOGGINGに変更
ALTER TABLESPACE $tablespace 
	NOLOGGING;

-- <表領域の変更:実行例⑤>
-- 表領域のロギング属性をLOGGINGに変更
ALTER TABLESPACE $tablespace 
	LOGGING;

-- <表領域の変更:実行例⑥>
-- 表領域の読書の属性を変更
ALTER TABLESPACE $tablespace
  READ { ONLY | WRITE }
;

参考
Oracle® Database SQL言語リファレンス 11gリリース2(11.2) ALETER TABLESPACE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です