簡易接続文字列の構成


SqlPlusツールを使用してOracleに接続する場合、
開発の段階ではtnsnames.oraファイルを編集するのは面倒です。

そこで、簡易接続文字列を使用して接続してみます。
sqlplus test/test@IPアドレス(ホスト):ポート番号/データベースサービス名
間接族文字列の構成

開発中は結構使います。
oSqleditやCSE、オブジェクトブラウザの接続設定の画面でも
使用できる概念です。
覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です