カンニングシート3:演算子とキャスト


カンニングシート3:演算子

 

●演算子の優先順位

・=は右から評価される。a = b = c = 10; 10→c→b→aの順。

・インクリメント、デクリメントは前置と後置の2種類が使用可能。

 前置は式評価前にカウントアップ、ダウン。高知は式評価後にカウントアップ、ダウン。

 

●キャスト

・暗黙の型変換で対応できない場合、(データ型)オペランで明示的にキャストする。

・boolean型への変換は不可。またデータの一部が欠落する可能性がある。

●0除算について

・100/0はエラー

・100%0はエラー

・100.0/0はデータ型.XXX_INFINITY

・100.0%0はNaN

●数値昇格

・左右のオペランドで基本データ型が異なる場合、暗黙の型変換が可能なオペランドが暗黙の型変換される。

・baye a,b; a=10; b=10; byte aa = a + b;の場合は縮小型変換が効かない。

 但し、複合代入演算子を使用した場合は、強制的な暗黙の型変換が行われるため、エラーとならない。

・baye a,b; a=10; b=10; byte aa += a + b;

●XOR

・true ^ true → true

・false ^ false → true

・false ^ true → false

・true ^ false → false

●短絡評価

・&&、||は短絡評価。if(0 > 10 && 0> 11)は0 > 10のみ評価。

●代入演算子の条件式での使用

・if(b = true)は利用可能。わかりにくいので使わない。

徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE 5/6教科書 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)
徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE 5/6教科書 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE 6問題集 [CX-310-065]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)
徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE 6問題集 [CX-310-065]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です