Oracle XEの表領域の作成


凡例
・[]
 →任意
・{ a | b }
 →aかbどちらかを選択
・$XXX
 →任意設定項目

-- 表領域の存在確認
select * from dba_tablespaces
-- <表領域の作成:凡例>
CREATE TABLESPACE [BIGFILE]									-- BIGFILEの指定
	$tablespace_name										-- 作成する表領域名の指定
	[ DATAFILE $file_name 									-- データファイル名の指定
		[ SIZE $file_size ]									-- データファイルサイズの指定
	]
	[ AUTOEXTEND 											-- 自動拡張のON/OFF
		{ OFF | ON NEXT $auto_extend_size 					-- 拡張時サイズ指定
			[ MAXSIZE { UNLIMITED | $auto_extend_max_size ]	-- 最大サイズ指定(無制限可能)
		} 
	]
	[ MINIMUM EXTENT $min_extend_size ]						-- 最小エクステントサイズ指定
	[ BLOCKSIZE $block_size ]								-- データブロックサイズ指定
	[ LOGGING | NOLOGGING ]									-- 表領域変更時のREDOログ出力指定
	[ ONLINE | OFFLINE ]									-- 表領域の使用可/不可指定
	[ PERMANENT | TEMPORARY ]								-- 通常/一時表領域指定
	[ SEGMENT SPACE MANAGEMENT [ MANUAL | AUTO ] ]			-- セグメント管理指定
;

【解説】
・BIGFILEを未指定の場合は、現在のデフォルト表領域タイプが適用される。
 ・BIGFILEを指定した場合、DATAFILEは1つのみ指定できる。
 
・DATAFILEを未指定の場合は、デフォルトのパスに作成される。
 ・DB_CREATE_FILE_DEST初期化パラメータに値を設定して
  Oracle Managed Files使用可能でないと未指定にはできない。

 ・SIZEを未指定の場合は、100MBのファイルが作成され、AUTOEXTENDがONになる。
  指定した場合は、指定したサイズのファイルが作成され、AUTOEXTENDがOFFになる。
  ※但し、ユーザー管理ファイルの場合、SIZEの指定/未指定にかかわらず、
   AUTOEXTENDが使用禁止にされたファイルが作成される。

・MINIMUM EXTENTはディクショナリ管理表領域にのみ有効。

・BLOCKSIZEを指定する場合は、下記のパラメータを設定する必要がある。
  ・DB_CACHE_SIZE
  ・少なくとも1つのDB_nK_CACHE_SIZEパラメータ

・LOGGINGを未指定の場合は、LOGGINGが適用される。

・ONLINE/OFFLINEを未指定の場合は、ONLINEが適用される。

・PERMANENT/TEMPORARYを未指定の場合は、PERMANENTが適用される。

・SEGMENT SPACE MANAGEMENTを未指定の場合は、AUTOが適用される。
 手動で管理されることはほぼない。

-- <表領域の作成:実行例①>
-- 通常の表領域の作成
CREATE TABLESPACE 
	$tablespace_name										-- 作成する表領域名
	AUTOEXTEND ON											-- 自動拡張のON
		NEXT $auto_extend_size 								-- 拡張時サイズ
			MAXSIZE UNLIMITED								-- サイズ無制限
;

参考
Oracle® Database SQL言語リファレンス 11gリリース2(11.2) CREATE TABLESPACE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です