Home > Javascript

Javascript Archive

「試験 70-480: HTML5 と JavaScript および CSS3 との組み合わせによるプログラミング」に合格

試験 70-480: HTML5 と JavaScript および CSS3 との組み合わせによるプログラミング

マイクロソフト認定資格ブースター パックという
5回までチャレンジ出来るバウチャーがあったので、受験してみた。

参考書や問題集などどのような試験なのか情報がなかったので、
一回受けてから勉強方法を考えようかなと思って受験したら780点で一発合格だった。
ラッキー。

【問題の難易度】
思ってたより割りと実務よりな試験。
1問目見た瞬間、「これめんどくさいタイプの試験だな」と思って落ちたかなーと思ったけど、
よくよく問題見たら割りと簡単だった。

【対策】
ほぼなし。
Microsoftが用意してる公式のコンテンツとかの一瞬見たけど、自分には特に役には立たなかった。

実務でバリバリ使ってて、バウチャーで受験するなら勉強は不要。
落ちてから考えればいいと思う。

出題も以下のURL内の「スキルの評価」からちゃんと出題されます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/exam-70-480.aspx
それも見ずに受けたので、
XMLHTTPRequest周りの回答はほぼ自信がなかったです。

jQueryのバインド方法によるイベント実行優先順位

DOMオブジェクトに対してイベントをバインドした際の実行順序は bind > delegate > live

// 以下のメソッドをバインドする。
var funcA = function () {

alert("funcA!");

};

var funcB = function () {

alert("funcB!");

};

var funcC = function () {

alert("funcC!");

};

// 恒常的にfuncAをバインド

$(".class").live("click", funcA)

// funcAの後にfuncBを実行する場合は、liveを使う必要がある。

$(".class").live("click", funcB)

// funcAの前にFuncCを実行する場合は、bindを使う必要がある。

$(".class").bind("click", funcB)

他にも方法があるが、

イベントバインド順による処理の実行順序の変異は覚えておいて損はないかと。

何故、実行順が異なるかは以下のブログを参照。

http://d.hatena.ne.jp/y-kawaz/20111002/1317489435#20111002f2

バインドメモ

①$(“#dom”).click(func);

②$(“#dom”).bind(“click”, func)

①と②は同じ意味。

③$(“#dom”).delegate(“a”, “click”, func) // #dom配下のa要素に対しclickイベントを再バインドなしでイベント定義

④$(“a”).live(“click”, func)

③と④も影響する範囲は違うが同じ意味。

ホーム > Javascript

検索
フィード
メタ情報

Return to page top