設計2(共通部分・機能)


共通部分の設計です。

この前作成した画面レイアウト元に
共通部品化できる箇所を洗い出します。

【共通化検討】
 ・共通関数 :商品情報取得(一覧詳細で共通)
 ・共通関数 :商品情報表示(一覧詳細で共通)

他にもヘッダ部とかフッタ部とか検索部品とか
色々考えられれますが、今回はこれだけにします。

【共通化検討】も考慮して機能の設計に移ります。
作成しなければならない、【最小要求機能】の正常ケースと
異常ケースについて考えましょう。

【最小要求機能】
 ・AMAZON商品検索機能
 ・AMAZON商品一覧表示機能
  →正常:商品名で検索が可能なこと。
      検索結果が一覧表示されること。
  →異常:検索した商品が見つからないこと。
      見つからなかった場合、エラーメッセージを表示すること
 
 ・AMAZON商品検索機能
 ・AMAZON商品詳細表示機能
  →正常:ASINで検索が可能なこと。
      検索結果が詳細表示されること。
  →異常:検索した商品が見つからないこと。
      見つからなかった場合、エラーメッセージを表示すること
 
 ・AMAZON商品画像サイズ変更機能
  →正常:入力した数字のサイズに画像が変更されタグが出力されること。
  →異常:数字以外が入力されること。
 

さて、必要十分とは言えませんが、
異常で簡単な各機能毎の概要設計とします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です