Home > カンニングシート2:データ型、リテラル、定数、変数

カンニングシート2:データ型、リテラル、定数、変数

  • 2013-01-21 (月) 23:11

カンニングシート2:データ型と変数

 

試験前にさっくり読み返したら多分点数取れる!…はず。

 

●予約後

・50ぐらいある(どうせ試験に出ないから、あんまり意識しなくても良い。)

enum、assertはJavaのバージョンによって使用が制限される。

assetはJava 1.4、enumはJava 1.5から使用が不可となる。

・javacコマンドのコンパイルオプション-sourceでJavaのバージョンを指定してコンパイルが可能

 例)javac -source 1.4 xxx.java

●識別子

・命名規約

・予約語、定数は使用不可。

・記号は$、_のみ使用可

・先頭数字は不可

●データ型

・データ型は基本データ型と参照データ型で構成される。

 

●リテラル

・真偽値

・true、false

・整数

・1(int)

・1L(lomg)

・0x1(16進数)

・01(8進数)

・浮動小数点

・1.23f(float)

・1.25d(double)

・文字

・’あ’(シングルクォートで囲む)

・文字列

・”あい”(ダブルクォートで囲む)

●変数のスコープ

・メンバ変数(オブジェクトの属性)

・インスタンス変数(クラスに定義、インスタンス化後利用可)

・static変数(クラスに定義、インスタンス化せず利用可)

・ローカル変数

・メソッドローカル変数(メソッドに定義)

・ブロック変数(メソッド内for文等に定義)

 

●変数の初期化

・メンバ変数は以下の値で、自動初期化される。

(これを覚えておくと不要な初期化コードを記載する必要がないので便利)

・boolean=false

・byte=0

・short=0

・char=’u0000′

・int=0

・long=0L

・float=0.0F

・double0.0D

・参照型=null

・ローカル変数は明示的に初期化しなければ、コンパイルエラーとなる。

 

●暗黙の型変換(キャスト)

・拡大型変換

byte→short→int→lomg→float等、より大きく変換。(ex. char→int)

・縮小型変換

・int→byte等、intからより小さく変換

●定数

・final staticを付与し、明示的な初期化が必要。

 interfaceの場合はfinal staticは省略可能(暗黙的にfinal staticとなる)

徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE 5/6教科書 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)
徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE 5/6教科書 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE 6問題集 [CX-310-065]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)
徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE 6問題集 [CX-310-065]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://oraclemaster.boo.jp/%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%92/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
カンニングシート2:データ型、リテラル、定数、変数 from オラクルマスター11g ブロンズ&シルバー ~取得のためにすべきこと~

Home > カンニングシート2:データ型、リテラル、定数、変数

検索
フィード
メタ情報

Return to page top