はじめに


アフィリエイト支援WEBサービスを作ります。

AMAZONアソシエイトを行う際にAMAZONのオフィシャルな広告では
商品画像を大きく表示することはできません。

そこで登場するのが、
Product Advertising API と呼ばれる
AMAZONのオフィシャルWEBサービスです。

Product Advertising APIとは
Product Advertising API(以下AMAZON APIとする)は、
Amazonの商品情報や関連コンテンツをプログラムを通してアクセスできるサービスを提供することで、
Web 開発者の皆様が、ご自分の Web サイトでAmazon の商品を紹介することによる紹介料の獲得を可能とします。
※公式サイトより抜粋
URL:https://affiliate.amazon.co.jp/gp/advertising/api/detail/main.html

このAMAZON APIの仕組みを簡潔に説明します。

1.まず今回作成するWEBサービスから「石鹸」という商品の情報を下さい。
その時、画像のサイズはLサイズでお願いします。
という、リクエストを送信します。

2.AMAZON側でリクエストを受け取り、WEBサービスからの条件を解釈します。
条件が正しく設定されていればAMAZONは商品を取得し、
WEBサービス側にレスポンスを返却します。
またこの時のレスポンスはXMLという形式で返却されます。
※条件が正しくない場合は、AMAZONはレスポンスに
エラー情報を載せて返却します。

3.WEBサービス側でレスポンスを受信します。
この時エラー処理をしっかり行いましょう。
レスポンスに含まれるXMLから商品情報を取り出し、
画面に表示します。

簡単に説明するとこのようになります。

イメージがついたでしょうか。

【今回のポイント】
・目標の設定(アフィリエイト支援WEBサービス)
・AMAZON APIの概要理解

それでは、次のフェーズに移りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です